忍者ブログ
温泉についてのブログです。温泉は、様々な美容ダイエット効果があると言われていますね。
[1] [2] [3]
群馬県渋川市にある伊香保温泉は万葉集に名前が出てくるほど、
古くからある有名な温泉です。

温泉自体が山間にあるため、温泉街も急な斜面に開けているのが特徴です。
階段や坂道が多く、伊香保温泉のシンボルとも言われる石畳の階段は
約360段あると言われています。

その階段の横には飲食店や宿が立ち並び、
情緒ある雰囲気が温泉旅行客を楽しませています。

石段の湯という共同浴場は旅行客を含め、地元の人にも愛用されています。

「関連記事」
 有名な置塩温泉
PR
湯田中渋温泉郷の中にある一つの温泉の地獄谷温泉
冬になればニホンザルが温泉につかる姿を見ることができる温泉として貴重です。

この温泉には猿専用の露天風呂があり、たくさんの猿が温泉を楽しむ姿を見ることができます。
頭にうっすら雪がつもった猿たちが温泉につかる姿はとても可愛いです。

もちろん人間の温泉は混浴風呂になり、お風呂は源泉かけ流しです。
冬の露天風呂はとても気持ちがよく、秘湯と呼ばれるだけあります。

たまに人間用の露天風呂に猿が入っていることがあり、猿と一緒に温泉を楽しむことができます。 

「関連記事」
 有名な置塩温泉
全国人気温泉のなかでも、姫路城の近くの温泉地の、
置塩温泉(おきしおおんせん)は有名です。

温泉宿のおすすめは、「ニューサンピア姫路ゆめさき」が人気で、
姫路の市街地から、あまり離れていない場所にあります。

置塩温泉にある一軒宿で、いろんなお風呂やスパ施設などもあり、
温泉には、ゆっくり寝転んでリラックスできる寝湯もありますし、
景色が美しい露天風呂もあります。

さらに、温泉だけではなく、スパとして低温サウナやミストサウナ
などあります。
低音サウナやミストサウナは、たっぷりと汗をかき、
美容にもよいですから、女性の方は特にうれしい施設ですよね。
GWは草津温泉も上々だったようです。
草津温泉にはまだ一度も行ったことがないので、行ってみたいです。

ゴールデンウイーク(GW)の期間中、群馬県内の宿泊施設や観光関連施設はおおむね好調に利用者を集めそうだ。
各温泉地の旅館は予約が前年に比べ1割増前後で推移。
観光施設でも前年以上の入場者数を見込む...。 

草津温泉、伊香保、水上、四万、やぶ塚の各旅館組合や観光協会がまとめた温泉宿泊施設のGW期間中の稼働率は、昨年に比べ5―10ポイント程度高い。
例年温泉予約は後半に集中する。(草津温泉旅館協同組合) 

温泉旅館の稼働率は現在8割程度だが、年々予約が「間際化」していることを考えると今週末には9割を超える見込みという。
5年前に購入したモビリオに乗って、念願の登別温泉にドライブに行ってきました。
登別温泉はすごく良いところでした。

自動車旅行の目的地として多いのは、やはり温泉ではないでしょうか。
温泉が湧くところはそれほど交通の便が良くない場所が多く、どうしても自動車で出かける方がスムーズになります。

もちろん、バスツアーや最寄り駅まで宿の車が迎えに来てくれる場合もありますので、自動車旅行派でなくても温泉地というのは人気のスポットとなっています。 
登別温泉は、道央自動車道登別東インターから国道453号をオロフレ峠方面へ6km走ると登別温泉郷に行くことができます。
泉質は硫黄泉、食塩泉、明礬泉など11種類もあり、全国から温泉ファンが訪れるところです。

ところが、帰り道で車が故障 トラブルしてしまい、ロードサービスを呼ぶ羽目になってしまいました。
そろそろ買い替え時が来たようです。
早速、オンライン一括査定で見積もりをとり、検討したいと思っています。

温泉旅行に行くのであれば、是非、温泉そのものの泉質を楽しみたいものですね。
素人でも泉質を満喫できるには、温泉が掛け流しであることが、実に大切なことなのです。

泡が出る温泉だったり、お肌がつるつるになる温泉だったり、健康な人も十分に楽しむことができます。

そして、掛け流しの温泉が良いと言われていますし、温泉旅行であっても、掛け流しの温泉宿を好んで予約する方も多いです。

そもそも、この、掛け流しとは、一度出てきたお湯を循環させないことです。
湯口から温泉が常に流れ出ていて、湯船からお湯があふれている中を、贅沢に入ります。
温泉を再利用しなければ、熱することも必要ありませんので、純粋な泉質のまま入浴できるということですね。

掛け流し温泉という言葉は、温泉旅行好きな方の間では、すっかり、一般的になりました。
泉質を体で楽しむには、温泉のお湯が再利用で加熱されたり、加水されたりしていないことが大切です。

ですから、掛け流しの温泉であることが重要なのです。
特に泡が出る温泉は、出てきた温泉をろ過して、再利用すると、泡も失われてしまいます。
循環後であっても、肌への効果などは期待できますが、泡を楽しむことが出来ません。

一人旅の醍醐味、温泉旅行は、観光スポットや、それほど有名ではない穴場的なスポットなど、自分の好きなように行けることです。

人に合わせたり、誰かの趣味を気にしたりすることなく、自分の好きなように観光できます。
自分の趣味の延長上にあるものや、その由来となる場所など、自分の気になる場所を、好きなように気ままに見に行くのが楽しいです。

例えば、小説の舞台になった場所とか、歴史の舞台になった場所など、ファンにはたまらないスポットなどもありますよね。

こういう場所は、ファンの人はたまらないものですが、興味のない方にとっては、まったく意味のない場所でもあります。
ですから、こういう観光は趣味が一緒の人がいない限り、一人旅のほうがよいですね。

このように、温泉旅行や観光旅行、目的はいろいろあれば、それだけ楽しみも増えます。
目的が複数あれば、一人で旅行中であっても、アクシデントや天候に左右されず、臨機応変に旅を満喫できると思います。

後温泉は歴史のある温泉街です。
その中でも道後温泉本館は国の重要文化財に指定されている建物です。
その周りには旅館がたくさんあります。
宿泊は旅館で、温泉は道後温泉本館でというのもよいでしょう。

旅館から道後温泉本館まではすぐ近くですから、散策しながら温泉まで歩くというのがよいですね。別名坊ちゃん湯とも呼ばれる温泉共同浴場です。
道後温泉のガイドブックには必ず最初に出てくるようです。
道後温泉本館はひとつの浴槽ではなく、たくさんの部屋があります。
個室や共同浴場などいろいろです。
坊ちゃんの間と言うのも作られています。
入浴料は一番安いのが400円です。
こどもは150円になっています。

道後温泉に行って、本館に行かないというのはないでしょうね。
建物の中を見学するだけというコースもあります。
旅館に泊まらないのであれば、見学コースでもよいでしょう。
道後温泉には旅館がたくさんありますから、たくさんの観光客が来ても対応できるようです。どの旅館も数百人レベルで泊まることができます。
空室情報などはインターネットで調べることができますから、事前に確認しておくことが大事でしょう。

遠くから行くのであれば、旅行会社のツアーなどを利用することもできるでしょう。
和風の旅館と言った趣のところ、ホテルと言った方がよいところなどそれぞれ個性があります。
もちろん、料金も旅館によって違います。
家族連れ、若い夫婦など自分たちに合った旅館を選びましょう。
当然道後温泉本館でお湯につかってください。
道後温泉に行ったことがありますか。
道後温泉のことを少し紹介しましょう。
道後温泉は四国の愛媛県松山市にあります。
ここにはたくさんの旅館があります。
歴史的に見ても伝統のある温泉です。
旅館の数は30以上あり、それぞれが特徴を持っています。

また、町全体で観光を盛り上げるための工夫などもこらしています。
松山市は夏目漱石が住んでいたことで有名ですから、漱石の「坊ちゃん」にちなんだ観光名所も設けられています。
小説「坊ちゃん」の中で出てくる列車を復元したモデルが坊っちゃん列車として市内を走っています。

道後温泉でゆっくりするためには旅館に泊まることが一番でしょう。
温泉でお湯につかって、昼間は周辺を散策などしてみるとよいでしょう。
温泉街として歴史のあるところですから、旅館の作りも近代的なビルと言う形ではなく、瓦葺の和風建築をしたところが多いようです。
もちろん、旅館の規模はそれぞれで異なっていますから、内部の作りなども違うでしょう。

もし、道後温泉で一泊するつもりなら、どのような旅館があるかじっくり見てみましょう。
家族旅行なのか、若いカップルなのか、学生の友人たちで泊まるかなど、そのメンバー構成に合わせた旅館を選べばよいでしょう。
道後温泉の旅館は中心部に集中していますから、交通の便はよいでしょう。
道後温泉までのアクセス方法はどのようであっても、旅館を選ぶ時には気にする必要はありません。道後温泉の旅館マップなどもあります。
観光協会などに問い合わせてみるとよいでしょう。
岩盤浴はとても人気があるようです。温泉までいかなくてもみじかに施設ができて、いつでも利用出来る様になりました。
遠赤外線とマイナスイオンによってサラサラの汗をかくことができることは、運動不足の現代人にとっては画期的な健康法です。

岩盤浴で体を芯からしっかり温めることで、血行が促進されて全身にサラサラの血液が循環して血液と酸素が行き渡り新陳代謝が非常に高まります。
そのため岩盤浴は美容や健康にいい、ダイエット効果やデトックス効果も高い優れものの温浴方法なのです。


忍者ブログ [PR]
カテゴリー