忍者ブログ
温泉についてのブログです。温泉は、様々な美容ダイエット効果があると言われていますね。
[1] [2] [3]
岩盤浴とは、温めた岩盤の上に横たわって体を温める、お湯のいらないお風呂、サウナのようなものです。遠赤外線の効果によって身体を芯から温めて汗を流すという水のないお風呂のことを岩盤浴といいます。

一般的に岩盤浴の入り方としては作務衣を着用し、岩盤上にタオルを敷きます。
はじめはうつ伏せに寝て5分程、内臓を温めます。
次はあお向けに寝て10分程、その後5分間は休憩タイムで水分を補給します。
このサイクルを3回繰り返して終了です。
汗が大量に出ますが、普段かく汗と違い臭いもなくサラサラの汗で不快感はありません。
PR
東京から銀山温泉までは、新幹線と車でやく4時間かかります。

この温泉街は立ち寄り湯ができる場所もたくさんありますが、基本的に泊まりの温泉旅行客をメインとしています。
立ち寄り湯のできる時間帯がお昼ごろまでと制限されている場合もあるので注意しましょう。
ゆっくり入るには泊まりで旅行するのが一番です。旅館にある露天風呂につかって美味しい料理をたべるのがいいですね。
山形県山形市にある蔵王温泉。
温泉街で樹氷を見ることはできませんが、温泉街がライトアップされ、雪の灯篭なども出現します。
また、冬の時期では閉鎖している蔵王温泉大露天風呂が期間限定で無料開放されます。
日時が限定されているので、下調べをして冬限定の露天風呂で雪景色を楽しみましょう。
天然温泉としての自然湧出の温泉を循環や加水などせずに提供してくれる源泉掛け流しで、天然温泉そのままを実感できるのは温泉ファンにとっては嬉しい限りです。



下高井郡野沢温泉村の24の温泉宿泊施設などが「野沢温泉源泉かけ流しの会」を結成し、自然湧出(ゆうしゅつ)の温泉を循環や加水などせずに提供する「源泉かけ流し温泉宣言」をした。レジオネラ菌や“偽装”問題で温泉に厳しい目が注がれる中、科学的な調査に基づき、天然温泉をそのまま実感できる温泉地としてPRしていく。

昨年10月から3カ月間、日本温泉総合研究所(東京)などが協力し、麻釜(おがま)をはじめ村内の代表的な源泉温泉21カ所と、その温泉湯を引いた13の温泉外湯(共同浴場)、旅館や民宿の28施設を調査。源泉と温泉施設内の湯口、浴そうで、温泉湯中の電子量から「酸化系」か「還元系」か判断するORP(酸化還元電位)分析をした。

天然温泉の源泉は一般に、肌に良いとされる還元系だが、空気接触や加水などで、酸化系との境界である「平衡系」に向けて老化(劣化)していく。その老化度を調べると、温泉に「新鮮さ」があるかが分かるという。

調査の結果、多くの温泉施設は老化度が低い還元系の温泉湯を提供でき、利用客に肌の抗酸化効果が見られるなど、還元系に特長的な「アンチエイジング効果」も確認したという。結果が良くなかった宿も、導管経路や温泉湯舟を改良。温泉外湯を管理する住民自治組織「野沢組」や同研究所も加わり、「かけ流しの会」を結成した。

河野徳男会長(63)=大湯=は「野沢温泉の湯の良さをありのままに広め、本物志向の客を迎え入れていきたい」と話している。(出典:信濃毎日新聞、毎webより)
交通はJR上越線渋川駅から関越交通バス伊香保温泉行きで30分、終点下車、徒歩15分。関越自動車道渋川伊香保ICから国道17号・県道35号を経由し、県道33号を伊香保温泉方面へ車で11kmで到着します。問い合わせは0120-41-2603 湯屋 伊香保 予約センター まで。いかがですか?

伊香保温泉の伊香保東急ビラが「大江戸温泉物語 湯屋 伊香保」として、オープンした温泉宿です。
お台場の大江戸温泉物語が伊香保温泉で湯宿をプロデュース。 1泊2食付で9980円~というリーズナブルな料金と、まごころのもてなしが魅力。6月末までこの温泉宿はオープンキャンペーンを展開しており、平日限定で1泊2食付が7980円とさらにお値打ちに。
美しさとおいしさを追及した食事は坂元晴彦シェフがプロデュース。スローフードと地産地消をテーマに、60種類のレシピを日替わりで組み合わせるビュッフェ形式。また、快眠を追及した枕や、適正な姿勢を保つマットレス、軽くて暖かい掛け布団など寝具にもこだわっている。という温泉宿です。
(出典:まっぷる mapple.netより)
最近日帰り温泉旅行が流行っていますね。
日帰り温泉旅行のプランを立てるのに参考になる情報です。

露天風呂付き個室で楽しめる夜の日帰りコースが人気ですね。誰の気兼ねもなしにゆっくりとくつろぐ時間と空間は、決して日常生活では味わえないでしょう。
頑張っている自分にご褒美でいかがですか。
北海道旅行というと温泉中心の宿泊です。札幌、函館をはじめ、名所・旧跡の多い道南エリアが中心になりがちですが、北海道の雄大な大自然を満喫するためには、道東や道北にも旅行の足をのばして温泉三昧してみたいものです。

まず、絶対に押さえたいポイントが、景勝地として名高い層雲峡。石狩川沿いに続く大渓谷であり、天に向かってそびえる美しい奇岩絶壁と、その間を縫うように流れ落ちる滝を見ることができます。

釧路湿原国立公園は野生動植物の宝庫として知られ、特別天然記念物のタンチョウや幻の魚イトウ、エゾシカ、キタキツネなどが生息していることで有名です。
七里川温泉は房総半島の南に位置し、しばらく車を走らせれば太平洋に面した鴨川市に至ります。房総半島は中央部が低山の連続ですが、その中ほどの山の中に七里川温泉はあります。温泉場は1軒しかなく、山の中ということもあり、秘湯の趣があります

七里川温泉の泉質は硫黄泉ですが、効能は切り傷、皮膚病、婦人病、糖尿病などに効くといわれています。お湯は黄色で透明ですが、硫黄の匂いがし、ぬるぬるしますが、お肌はすべすべになります。さらに深い山の景色も温泉につかりながら楽しめ、体と心が癒されます。
温泉旅行で国内線を利用する場合も、国際線を利用する場合も、飛行機搭乗の際にはいろいろと注意すべき点があります。その一つが、荷物の制限です。ここでは、国内線の温泉旅行について見てみましょう。

荷物は、窓口で預ける荷物と自分で機内に持ち込める荷物の二つに分けられます。大きな荷物は窓口で預け(重さ制限等があります。一定の重さ以上は有料)、それ以外は機内に持ち込むことができます(1人に1個までで、路線によって大きさや重さに制限があります。貴重品や壊れやすい物は手荷物に入れます)。

このどちらにおいても持ち込めないものに、可燃性物質類、高圧ガス類、火薬類、酸化性物質、引火性液体、毒物類、腐食性物質、放射性物質、その他の有害物質があります。

また、刃物類や、ゴルフクラブやバット、スケート靴など凶器になり得るものについては、機内持ち込みは不可となっていますので、注意が必要です。搭乗の際に不快な思いをしないように、こうした点は予め十分チェックしておきましょう。
この天然温泉つきスポーツクラブは、東京都世田谷区千歳台3-20-2 セントラルウェルネスタウン成城2Fにあります。源泉掛け流しの天然温泉は、ゆったりとした癒しを演出するエステルーム、レストランなどのリラックス空間で憩いのひと時を過ごす。
フィットネスサロンの2Fにはスパ施設。専用の館内着で歩いて回れるワンフロアには、タイ古式マッサージや女性専用の岩盤浴などの温泉施設が...赤褐色の天然温泉“露天風呂”は、地下1500mから汲み上げるなめらかなお湯がしっとりと肌にまとわりついて保湿力バツグン。源泉掛け流し“壷風呂”温泉は、石で作られた壷型の浴槽に風情を感じる。スカッとしたいなら90℃前後の室温で十分に発汗できるドライサウナか、一人がけのチェアに座れる女性専用のスチームサウナがおすすめ。タオルは要持参。有料ででタオルセットの貸し出しも。(出典:まっぷる より)


忍者ブログ [PR]
カテゴリー